輪行袋の超スタンダード、縦型タイプは最もコンパクトに輪行できます。

  • 自転車にも、他の乗客にも最も配慮した輪行袋といえば、この縦型タイプ。電車の中で最もコンパクトになります。
  • 「作業が簡単」というだけなら横型輪行袋のほうですが、車内のことを考えると、やっぱりこの縦型タイプ。
  • 内側には、サドル位置とエンド位置の場所を示すイラストがあり、収納方法も明確です。
  • ワンタッチバックルによって、簡単に固定できます。ベルトのように通して固定するタイプのストラップと比べて、断然簡単。
  • フレームに傷をつけないために必ず必要となるスプロケットカバー、フレームカバーが付属します。ほかのブランドでは別売りになっていることがほとんどなので、使う方のことを考えた仕様です。
  • もっこりレーパンのままや、汗をかいたままのサイクルジャージで輪行するのはエチケット違反(特に夏)。輪行するならレーパンの上からはけるショートパンツ、着替えてのTシャツ、タオルは必須です。
  • わかりやすいイラストのマニュアルが付属。輪行の歴史とマナーについても解説しております。
  • 本体収納袋の巾着紐は、車内で手すりに固定するのに役立ちます。固定しないと振動で倒れてしまいますから。
  • エンド金具は付属しませんが、必須です。
  • 素材:表/リップ撥水加工、裏/PU加工
  • 重量:約320g(本体・外袋・ストラップ・フレームカバー・スプロケットカバーすべて含んだ重量です。)
  • サイズ:縦/1100mm 横/950mm 底幅/250mm
  • 収納サイズ:(縦)170mm x (底)70 x 80mm
  • 販売価格:5,400円(税込)