menu

R250って、どう読むの?

R250は、2015年に大阪で生まれたスポーツサイクル用アクセサリーのブランドです。

アールニヒャクゴジュウではなく、「アールニーゴーマル」と読んでくださいね。ハッシュタグは「#アールニーゴーマル」です。どういう意味なのか?ですって。それにはまずこの商品をご覧ください。

アールニーゴーマル 輪行袋

現在このモデルは廃盤となっておりますが、R250で最初に作ったのが、この3色のギンガムチェックの輪行袋です。輪行袋のルールは、三辺合計250cm以内で、重量は30kg以下で、一つ2つまでとなっております。

前輪だけ外すだけで入る輪行袋だと、250cm以下には収まらないんですよね。改めて輪行袋のサイズは三辺合計250cm以下ですよという意味を込めて、輪行の頭文字「R」と、「250」を組み合わせました。読み方は、シマノ105(イチマルゴ)に倣って、アールニーゴーマルです。前後輪を外すだけではなく、縦型にすることで電車内での占有床面積を最も小さくできるのが、この縦型輪行袋です。縦型輪行袋の開発・販売は、もちろん現在も続いております。

開発コンセプトは、自分でほしいなと思った機能とデザインの実現です。既存ブランドにはないちょっと気の利いた機能を備えていて、それでいてロゴを主張させない落ち着いたデザインを目指しています。憧れのブランドをオマージュすることもあります。

約3年ちょっとで、アイテム数は90を越えました。ワールドサイクルは通販専門店の為、現物を見ることができません。現物が見られるのは、ワールドサイクルが運営するリアル店舗「ベックオン」だけだったため、2019年からは全国の自転車店にも販売しております。約半年ちょっとで、全国20以上の自転車店でも取り扱いをしてくれております。小さなネットショップのオリジナルブランドだったR250が、全国のプロショップのオーナーの目利きにかなったということでしょう。

もし馴染みのショップがR250を取り扱っていなければ、店主にそっと、「R250はショップへの卸もしているらしいよ」って耳打ちしてあげてください。

これからも既存アイテムの改良はもちろん、新商品の開発も加速していきます。リクエスト、ご感想、応援メッセージがありましたら、是非こちらからお送りください。

2019.8.29

R250開発者 輪行マイスター 岩田康裕

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

R250 ヘルメットイアーウォーマーR250 ヘルメットイアーウォーマー

関連記事

  1. R250 ツールケース スリムロングタイプ カーボン柄/ブラックファスナー

    R250 ツールケース スリムロングタイプ カー…

    長さ22cmまでの携帯ポンプが入るロングサイズ。それでも脚に当たりにくい絶妙…

  2. R250 フレームインナーバッグ

    R250 フレームインナーバッグ

    走行中にさっと中身を取り出せる、便利ポケット。 トップチューブ…

  3. R250 防水サドルバッグ スモール グレー

    R250 防水サドルバッグ スモール グレー

    独自の防水コーティングされたファブリック素材を、縫製ではなく溶着することで完…

  4. R250 サイクル反射ベスト ポケット付き ネオ…

    両サイドにポケットがついた、リフレクティングベスト。 ブルベカ…

  5. R250 ロードバイク用ライトブラケット キャットアイ用

    R250 ロードバイク用ライトブラケット キャッ…

    キャットアイのライトがバイクのセンターに取り付け可能。 R…

  6. R250 ツールケース スリムロングタイプ リフレクト

    R250 ツールケース スリムロングタイプ リフ…

    光が当たると浮かび上がる、再帰反射の糸を織り込んだツールケース。…

  7. R250 大型サドルバック用バックパック

    大型サドルバッグで輪行するときどうするの?その回答がこのバッグです。…

  8. R250 保冷保温ネオプレーンボトルカバー ブラック

    R250 保冷保温ネオプレーンボトルカバー ブラ…

    ボトルケージに共締めして取り付ける、サイクルボトル専用保冷保温カバー。…

カレンダー

2020年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP