関西では数少ない「やまめの学校」ワールドサイクルが開催します。

  • 長野県安曇野市で年間約700名の生徒が受講するライディングスクール「やまめの学校」において29er(車輪の大きさが29インチのMTB)を極めた事で得た独自の理論に基づく、重心の軸・荷重移動は多くの雑誌で特集されております。誰でも楽に速く走れる、わかりやすい指導には定評があり、スクールや多くのイベントを通じて、多くのサイクリストに走る楽しさを伝えております。
    自転車の正しい乗り方とは、いったいどのような乗り方なのか?これまで自転車の乗り方は、人によって言う事も教える事もバラバラで、何を信じればよいのか?何が基本なのか?基準になるものがありません。堂城氏が教えている自転車に正しく乗る方法は、実際に講義を受講することにより「基準」となるものである事は理解して頂けるのではないでしょうか。誰もやって来なかった「自転車の乗り方の基本」を創ることを、やまめの学校で取り組んでいます。
  • 堂城氏からのコメント
    日本初の教本、『自転車の教科書』が刊行され、多くの反響をいただきました。
    おかげさまで、著者の主催する「やまめの学校」は、大変好評です。。
    しかし、講義に訪れた方の多くが「自分では乗れているつもりでも、まったく出来ていなかった」と漏らしています。
    どうしてできないのか?
    原因は、土台となる身体ができていないことにありました。
    ワールドサイクルのやまめの学校では、もっと楽に、もっと安全に自転車に乗るための身体の使い方を、「軸」「脱力」「おじぎ」「荷重移動」というキーワードで定義していきます。
    そして、身体に負担をかけることのない、理想的な乗り方を簡単な動きで実際に体験してもらい、自ら感じていただきます。
    速くなりたい人のためのノウハウも公開。目からウロコの自転車授業です。
  • やまめの動画で予習してから受講されると、より理解しやすくなります。
  • 販売価格:4,000円(税込)